ブルーベリーとビルベリー

ブルーベリーサプリメントなのに、どうしてビルべりーが入っているの?
ビルベリーとブルーベリーの違いって何?と思っている方が多いと思います。
最近発売されているブルーベリーサプリメントのほとんどの商品には、ブルーベリーエキスの他にビルべりーの成分が必ずと言っていいほど含まれています。
ブルーベリーとビルベリーの関係性、違いはどのようなところにあるのでしょうか。

ビルベリーの特徴

ブルーベリーと違うところは、含まれているアントシアニンの量です。
主に北欧の地方で育てられているビルベリーには、ブルーベリーの約4倍~5倍ものアントシアニンが含まれています。
栄養価が非常に高いのには理由があり、北欧地方は太陽が出ている日照時間が長いため、エネルギーを長時間与え続けることができるのです。
ビルベリーはアントシアニンの量が多いだけではなく、粒子が細かくなっているナノビルベリーと呼ばれる果実は、アントシアニンの吸収率が高いことでも好評です。
ブルーベリーよりもビルベリーの栄養素が注目されています。

医薬品として使われる

ブルーベリーは品種改良をしたものが多いですが、ビルベリーは、野生種として存在しています。
イタリアでは医薬品として使われるほど、栄養価が高いのです。
よって、ブルーベリーエキスと組み合わせることで私たちに効率的な良い効果をもたらしてくれるのです。

大きさと果肉

ブルーベリーとビルべりーは、大きさや果肉の量もまったく違います。
ブルーベリーよりも果肉が凝縮されており、小さいサイズとなっているのがビルベリーです。
それぞれをつぶしてみると一目瞭然ですが、色がまったく違います。
色はビルベリーの方が濃い紫色をしています。

ページトップへ